メインイメージ画像

風俗求人の現実を暴く

私が日本各地の風俗求人の現実を暴いて近頃、沖縄にいる18歳の恋人が付き合って4か月目でようやくギャル化してくれた。私が常日頃から、ギャル好きであることを書いているので、私好みの女になるためにギャル化してくれたのであろう。周囲からは「似合わない」と反対されているらしいが、私は彼女が思い切ってギャル化してくれたことがとても嬉しい。この誌面を借りて私の気持ちを伝えさせていただく。正直言って、今の彼女にはまだ「ギャル」は似合わないかも知れない。でも、それでもいいのだ。

似合っている服や髪型をしていては、その人は変われないからだ。今のままでも充分にモテるのならいいが、そうでないならモテたい相手の好きなタイプに変わらなければいけない。急に変わるのだから最初は似合わなくて当たり前。だんだんその服や髪型が似合うように、自分が変わればいいのだから。今回特に言いたいのは、モテたいなら、「自分に合った服や髪型」を追求するのは今すぐに止めた方がいいということだ。

今は、もうそんな時代ではない。自分のスタイルに固執するのは他から見ればウザいだけだ。自分のスタイルやセンスを捨てて、モテるタイプの服や髮型が似合うように自分を変えていくことが大切だと思う。そんな彼女から「金髪にしたよ」と電話があったのは、私が取材のために青森に来ている時であった。私がりんご畑の中を車で走っていると、さとうきび畑の中にいるという彼女から電話があったのだ。